【留学自炊レシピ】この味付けはクセになる!鶏キムチうどん

【留学自炊レシピ】この味付けはクセになる!鶏キムチうどん

こんにちは!

『るくせんブログ』を運営しているLEE(@luxemblogvonlee)です。

 

今回はパスタから少しだけ離れて、うどんを使った料理を紹介します。

ドイツに来る前は、うどんをスーパーで簡単に入手できると思っていなかったのですが、意外にもREWEなどのスーパーでは普通に売っているんです。

田舎すぎるREWEに行くと売ってないこともありますが、経験上たいていの街でうどんは見かけました。

ただ残念ながら日本よりは約2〜3倍ほど高くなっています。1玉で約1€くらいです。

 

REWEに売っていなくても、小麦粉はどこのスーパーでも買っているので、食べようと思えば一から作れば食べれます。

小学校のときに調理実習かなんかで、手作りをしたことありますが、意外にも手軽に作れて美味しかった記憶があります。(15分くらいは足や手でよく踏まないといけないので、いい運動にもなります笑)

 

高いといっても約1€なので、ラクに料理できてなおかつ腹持ちがいいため、うどんはドイツで重宝しています。

今回の料理では、うどんの他にキムチも使用しますが、キムチも街にあるアジアショップで普通に見つかります。(当然のことながらキムチも日本より少し高いです)

この料理はアジア人だけではなく、欧州人にも好まれたので、各国の料理を持ち寄る会にオススメですよ。

Advertisement

投稿者LEE

 

1 人分

15 Minutes

 

 1 玉 うどん
 100 g 鶏胸肉
 100 g キムチ
 ¼ 個 玉ねぎ
 適量 塩
 適量 コショウ
 少々 醤油
 1 大さじ マヨネーズ
 1 大さじ サラダ油

 

1

「玉ねぎ」を薄切りにする。
★お好みで刻みネギを入れるのもアリ。ちなみに刻みネギはドイツ語でschnittlauch。
経験上だと野菜コーナーではなく、ハーブコーナーに置いてあります。

2

「鶏肉」に「塩」と「コショウ」を適量かけて、よく揉む。

3

フライパンに「サラダ油」を入れて熱する。「鶏肉」を加え中火で肉の色が変わるまで炒める。
変わってきたら薄切りにした「玉ねぎ」を投入。

4

「玉ねぎ」がしんなりしてきたら、「キムチ」を汁ごと加え、馴染んだら「うどん」も入れる。

5

「うどん」がほぐれてきたら、「醤油」と「マヨネーズ」入れて混ぜ合わせる。

完成
6

お皿に盛り付けて完成です。面倒くさい人はフライパンのままでお召し上がりください。
★味変として、卵やチーズを入れても美味しいですよ。

 

材料

 1 玉 うどん
 100 g 鶏胸肉
 100 g キムチ
 ¼ 個 玉ねぎ
 適量 塩
 適量 コショウ
 少々 醤油
 1 大さじ マヨネーズ
 1 大さじ サラダ油

手順

1

「玉ねぎ」を薄切りにする。
★お好みで刻みネギを入れるのもアリ。ちなみに刻みネギはドイツ語でschnittlauch。
経験上だと野菜コーナーではなく、ハーブコーナーに置いてあります。

2

「鶏肉」に「塩」と「コショウ」を適量かけて、よく揉む。

3

フライパンに「サラダ油」を入れて熱する。「鶏肉」を加え中火で肉の色が変わるまで炒める。
変わってきたら薄切りにした「玉ねぎ」を投入。

4

「玉ねぎ」がしんなりしてきたら、「キムチ」を汁ごと加え、馴染んだら「うどん」も入れる。

5

「うどん」がほぐれてきたら、「醤油」と「マヨネーズ」入れて混ぜ合わせる。

完成
6

お皿に盛り付けて完成です。面倒くさい人はフライパンのままでお召し上がりください。
★味変として、卵やチーズを入れても美味しいですよ。

鶏キムチ焼きうどん