ドイツ留学経験者が留学先を選ぶ『5つのポイント』を教えます

ドイツ留学経験者が留学先を選ぶ『5つのポイント』を教えます

こんにちは!

『るくせんブログ』運営者のLEE(@luxemblogvonlee)です。

 

「よしドイツ留学に行こう!」と決心したのはいいが、留学先を選ぶのは簡単ではありませんよね。

サーカーが好きならドルトムントやミュンヘン、音楽が好きならハンブルクへ留学したいとか、好きなものによって留学先というのは変わってくると思います。

 

しかし好きなものだけで選ぶと後から大変なことになるので、しっかり情報を集めて留学先を選びましょう。慣れない土地でハプニングが極力起きず、後悔しないようにね!

 

そこで今回の記事ではドイツ留学経験者である僕が、みなさんが留学先を決めるときの参考になるよう「留学先を選ぶときのポイント」を5つ紹介します。

Advertisement

ドイツ語力or英語力のレベル

留学費用が安いこともあってか、最近は英語でドイツに留学する人が増えてきました。

ただ留学の目的によって、英語やドイツ語のレベルというのは変わってきます。

語学留学としてドイツへ行くのなら、ドイツ語なら最低はB1、英語ならB2。

正規留学の場合はドイツ語、英語というのは関係なしにC1は持っておくべきです。

A2くらいでドイツへ長期留学する人を見かけますが、語学力向上が目的の場合はあまりオススメしません。

というのはB1やB2くらいまでなら日本にいても十分到達可能で、C1くらいから教材が少なくなってくるからです。

そのためB1、B2に到達してからが一番いいんですよ。A1、A2でドイツへ長期留学するのはもったいないです。

A1、A2レベルでもドイツへ行って短期で爆速的にドイツ語の能力を上げたいなら、語学学校や大学が提供している短期のサマーコースなどがBESTです。

 

ドイツ人は日常生活でも英語を話すの?

ドイツ人は英語がかなり話せますが、英語を話したり聞くのが嫌なドイツ人も少なからずいます。

また僕の経験上、わざわざ自分の母国語でない言語で日常生活から話そうというドイツ人はあまりいません。

田舎に行くほどこの傾向は強くなってくるので、ドイツの豊かな自然に憧れて留学をしたいだけなら、都会へ留学して旅行で田舎に行くべきです。それでも田舎が良いという人は、学生都市で留学生がたくさんいて英語のプログラムが充実している場所がいいですね。

あと本気で英語力を上げたいと思っているのなら、やっぱり英語圏がいいですよ。費用面でドイツを選ぶ方が多いですが、単純な語学留学ならドイツは適切ではないかと。

英語での正規留学でも世界的に評価の高いドイツの大学を出たことで価値が上がりますが、それでもドイツで生活するならドイツ語は最低B1くらいは必須です。

 

費用とドイツ語のコース

国公立の授業料が無料で有名な「ドイツ」

もちろん留学生であっても授業料は払わなくていいので、かなり安く留学ができちゃいます。

ただ授業料が無料であることにつられて、本来の目的を失ってはいけません。

語学力を上げることが留学での最大の目的であるはずなので、そこを前提に留学先の選びましょう!

大学が提供しているドイツ語の授業なら、基本的にお金を払わなくていいのですが、それだけだとドイツ語の授業が少なすぎるということが起きます。

1日にドイツ語の授業は一回だけ、週で数えても数回しかないということになると本末転倒ですよ。

そうならないために、僕はDSHの準備コースに通うことを強くオススメします。

半年で600ユーロから1000ユーロかかるドイツ語のコースなのですが、1日4〜5時間くらいの授業がほぼ毎日あるため、ドイツ語をしっかりと学ぶことができます。

ただ最低B1のドイツ語レベルが必要であるため、英語留学をする人やドイツ語のレベルがまだ初級の方は通うことができません。

 

ドイツ語のレベルが低い人でかつ費用を抑えたいなら、デュッセルドルフ大学の語学学校である「ASTA」などがGOODです。

語学コースの内容(A1からCレベルまで)が充実している上に、他の語学学校(Goethe Instituteなど)に比べてかなり安いです!

都会or田舎

日本と同じで、ドイツも都会か田舎で生活費が変わってきます。

ベルリンやフランクフルトなどは交通の便がよく、アクティビティも豊富なので遊ぶのに困りません。

ただ生活費がめちゃくちゃ高くなります!

ベルリンの家賃は本当に高いですし、住民に対して住居が少ないので探すのに本当に苦労します。

運よく学生寮に入ることができればいいのですが、かなり倍率が高くなっているため難しいです。

 

その点ドイツの田舎はスゴイいいですよ、住居を探すのに特別苦労しませんし、家賃がものすごく安いです。

さすがに外国へ旅行に行くのは苦労しますが、大学がある都市は基本的に学生都市として国際色豊かで賑わっているため、退屈と感じることは少ないと思います。

僕自身ドイツ人でもあまり知らない場所へ留学しましたが、大学のスポーツクラブに参加したり、夜はクラブへ行ったりとかなり楽しめました。

交通費も早割などの割引を使えば安く済みますので、あまり懸念点にならないのではないでしょうか。

 

都会と田舎の治安

都会と田舎では「治安」という面も密接に関わってきます。

ドイツの都市における治安についてまとめた記事があるので、ぜひ参考にしてみてください!

ドイツの治安はどうなの?【治安が悪い地域10選+旅行での注意点を紹介】

ドイツの各地域の治安が一目でわかるウェブサイトです、こちらも参考にどうぞ!

Wo lebt man in Deutschland am sichersten?

Embed Code: Ein starkes Sicherheitsgefühl spielt auch für die Lebensqualität eine wichtige Rolle. Hier haben wir Ihnen die wichtigsten Tipps zusammengefasst, mit denen Sie das Diebstahlrisiko bei sich zu Hause senken können. 1.

生徒と先生の割合

これは留学先を決めるときにあまり考えない人が多いですが、かなり大事なポイントです。

もちろんどの語学コースや授業でも入れる定員が決まっているため、生徒100人に対して先生が1人なんてことは起きません。

ただ生徒が30人よりは、生徒が10人の方が明らかに発言の機会も増えますし、先生に質問もしやすくなります。

僕の経験上では、ドイツ語のレベルが低いほどクラスの人数は増えてきます。

上記でドイツ語のレベルB1、B2に達してからがオススメとの書いたのは、このような背景もあるからです。

どうしても途中でドイツ語を断念していく人が多いですし、初級レベルの方のが相対的にどうしても多くなるので中級レベル以上からがちょうどいいのです。

 

コースや授業の詳細に、定員の数が書いてあることが多いのでそれを参考にして選んでください!!

 

日本人はどのくらいいるのか

留学先に日本人はどのくらいいるのか確認するのは重要なことです。

人によって「異国の土地で日本語を話すことができてホッとするから、日本人と一緒に行動したい」「現地の言語を学びたいから、日本人とはできるだけ距離を置きたい」など、考え方がはっきりと分かれてくるので。

留学での日本人との接し方 ー僕の経験から言えることー

僕はできるだけ留学先に日本人のいない所を選びましたが、日本人とまったく関わらないということはなかったです。

留学先がかなり田舎であったため、出会った日本人は10人くらいしかいませんでした。

しかし日本語を学びたいドイツ人と友達になるには、日本人とドイツ人の交流会に顔を出す必要がありましたし、他の日本人と寮が一緒のこともあってか日本人と会う機会は多かったです。

一方で僕の受けている語学コースには日本人が僕だけしかいなく、僕自身が「ドイツに留学をしているのだからドイツ語しか使わない」と考えていたので、日本人と「どう付き合うべきなのか」は非常に考えされられました。

当初はドイツへ留学に来たのだからと張り切っていましたが、日本人と日本語を話すというのは心身ともにリラックスできました。

海外経験がある方なら大丈夫だと思うのですが、ずっと英語やドイツ語を慣れない土地で話し続けるのは何かと堪えます。

日本人と遊んでいては語学力が上がらないという意見がありますが、僕はまったく関わらないというのはどうかなと思います。

何かあった時に母国語で相談ができるのは有り難いことですし、同じ心持ちの仲間がいるというのは大変助けになります。

 

でも一番は日本人とかドイツ人、その他の外国人に限らず、自分が『この人は面白い』という方と仲良くなるのが良いのではないでしょうか。

最初からバリアを張って日本人や他の外国人と関わるのをやめるのではなく、「誰か面白い人はいないかな?」くらいの心持ちで接すると自分の世界を狭めることなく、いろいろな経験ができますよ。絶対にね。

Advertisement

まとめ

僕がドイツへ語学留学をした時に、参考にした5つのポイントを紹介しました。

これらのポイントが、まだ留学先が決まってない人の参考になり、そして実りある留学生活を送るための足しになることを願っています。